PALNetをはじめて気がついたこと。

7ohP4GDMGPrUMp8dW6yuJTR9MKNu8P8DCXDU9qmmpVsRvcosWukSTiDuhwYAb6nHe7PxNmkBvRNy9UXrmYMfu9hfswGc8AayWRVL.png

Steemの色々なサービスが増えて大変です。
しかし、選択肢がたくさんあるのはいいことです。自分の好きなサービスを見つけて利用するのも楽しいですよね。

たくさんあるサービスの中から生き残り、利益をうみだしてくれるサービスなら、なおのこと嬉しいです。

1.png

私が推しているSteem Monstersもどんどん利益がでるようになって、Steem Monstersのトークンを売ってSteemにしましたが、11STEEMほどになりました。期待して長年ゲームを続けていた甲斐がありました。

Steem Monstersに期待をかけたのは、FestでのSteem Monstersの熱心さと、商売上手できちんとSteem Monsters自体が利益を出している点でした。

DQmWyjim1tiFPoEwRSmAHPjjLPFkQmNrpkUa5PW6KL73GhY_1680x8400.jpeg

今回のPALNet推しにも理由があります。

私が昔から利用させてもらっていた@MinnowSupportは毎日たくさんのユーザーをサポートしておりました。

なので、私を含めサポートを受けていた人たちが喜んで利用しはじめるので、多くの方が使うサービスになると容易に想像ができます。

そして、Steemitでは良いおこない、皆の為に何かをしてあげるアカウントは自然と成長する気風があります。長らく無償のサポートを続けてきた「PAL」はきっと発展するだろうと期待を寄せているのです。

そんな訳でPALNetを使っていこうと思っています。

それと全体的に言えますが、どのサービスもサービス開始直後は人集めで利益を出しますので、新しい時に少し触ってから、利用を終了するのもいいでしょう。見極めることが大切ですね。

1.png

本題ですがPALNetを利用して気が付いたこと

◾️タグは後から追加しても、PALNetに反映されます。


実験で数日前の投稿いくつかにタグを入れましたが全部反映されていました。投稿時にタグを入れ忘れても慌てなくて大丈夫です。

◾️懐かしのプロモートが結構使われている

スクリーンショット 2019-06-12 2.16.57.png


Steemitを始めた頃プロモート(お金を払って自分の投稿を宣伝する)を楽しんで使ってました。そんなプロモートは今や誰も使わずに廃れてしまったサービスなのですが、PALNetでは使われています。

なんだか昔を思い出し嬉しくなったので、この記事はPALでプロモートしてみます!

◾️プロモートの使い方

1.

スクリーンショット 2019-06-12 2.16.18.png

2.

スクリーンショット 2019-06-12 2.17.53.png

皆さんもプロモートを使ってみてはいかがですか?懐かしいですよ〜(〃゚艸゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です