「仮想通貨」から「暗号資産」へ名称変更

1115920.jpg

昨日5月31日、仮想通貨の名称や規制強化などを盛り込んだ資産決済法と金融商品取引法の改正法が参議院本会議で可決されました。

今まで仮想通貨の名称を使っておりましたが、この言葉あまり好きではありませんでした。なので以前は、「クリプト」と言ってみたり、仮想通貨の文字を使わないように文章を工夫していたんですよ。

しかし最近は仮想通貨と言う方がわかりやすいだろうと思い直して、妥協してこの名称を使っておりました。

仮想=実際にはない事物を、仮にあるものとして考えてみること。仮に想定すること。

なんだかこの名前が危うさなどのネガティブなイメージを与えるのではないかと思っていました。(勝手にそう思っていたのですけどねw)

1.png
暗号資産

この名前は気に入りましたので、これから心置きなくどんどん使っていきます。

私は名称が変わったのに、敏感に反応してしまいましたが、今回の法案では「風説の流布の禁止」「価格操作の禁止」なども盛り込まれていて、安心して利用できるようになりそうですね。

1.png
仮想通貨の投げ銭サービスが相次いで終了


改正法成立で気になった内容はこちら

改正法の成立によって仮想通貨の管理が規制されるようになることに強い懸念を持ち、サービス運営の継続が困難になる可能性を理由に挙げ、自らが運営するサービスを終了する予定であると相次いで発表した。
掲示板でMonacoin(MONA)をやり取りできる「Ask Mona」、TwitterでNEM(XEM)やNEMのMosaicをやり取りできる「tipnem」のほか、複数のtipbotアカウントが一様に、サービスを終了する予定であること、入金や出金などの処理を順次停止する予定であることをツイートなどで発表している。
仮想通貨の「暗号資産」改称や規制強化などを盛り込んだ改正法では、売買を伴わず仮想通貨(暗号資産)の管理のみを行う業者(カストディ業者)、いわゆる仮想通貨ウォレットのサービス提供者は、仮想通貨(暗号資産)交換業規制のうち本人確認義務と分別管理義務などの規制が適用されることになる。

https://crypto.watch.impress.co.jp/docs/news/1187846.html


Steemitは海外のサービスなので、心配はいりませんが、似たような日本のサービスが終了してしまうのは寂しいですね。

まだもう少し見守る必要があると思いますが、日本でも色々なサービスが誕生するような柔軟な対応を期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です